次回展示のお知らせ

 

2018年7月

グループ展 東京

 

2018年10月

個展 東京

側の器314

紙をやわらかくしたかったのは、人の皮膚に感覚を寄せたかったから。