次回展示のお知らせ

 

2018年3月

グループ展@東京

側の器341

側の器、の境界はどこだろう。

拡がっていたものがまたかたまった。

開くべきところは開いている