側の器386

(例)という世界を生きていると仮定して、

例外に触れた時の瞬間を思います。

レイ、と呟いてみた時の優しい感じや、苦しさ。

次回展示のお知らせ

 

2020年5月

個展 盛岡(予定)