次回展示のお知らせ

 

2018年3月

グループ展@東京

側の器473

平らに平らに、いくら均されてもわかってしまう、身体の起伏と、土地の起伏とがぴったりと填まりほどけないような悦び