側の器599

水の流れるスピードを感じた。
水分子間で震えてぶつかりながら押し出されていく。

次回展示のお知らせ

 

2020年5月

個展 盛岡(予定)