側の器1069

山の中にてふと、かれを見つけました。
年輪部分が食べられてしまったように無くなり、枝が生えている根っこ部分があらわれています。
見つけた瞬間ぎょっとしてしまいましたが、眺めているうち、かれのかたちであるのだ、とほぅっと見惚れる気持ちに流れた、わたしの息の流れがありました。

次回展示のお知らせ

 

2020年3月

Gallery MoMo projects 六本木

2020年5月

Cyg 盛岡